我が家の子供の特徴を数秘的に見てみると…

年度末が近づいてきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
我が家は長男の卒業入学準備で少し慌ただしくなってきました。
そして最近目に付くのが、塾のチラシやら家庭学習教材のダイレクトメール…。
最近では次男宛てのものが多くなってきました。
新学期を見据えて勧誘しているんでしょうね。

我が家の長男は中学受験をしましたが、その長男が中学受験を視野に入れたのは小学5年生の時。
次男は4月から5年生になるので、そろそろ進路をどうするか考えてみてねと言ってます。
そんな次男は興味ある分野はいくつかあるものの、これという目標はまだない状態。
ただ勉強自体は出来るので、長男同様受験を視野に入れるのもありかなとは思ってます。
2年前の長男同様どんな学校なのかいまいちイメージが付いてないようですが…。
これから長男の状況を見ていくうちに興味が沸いてくるかもしれませんね。

そんな次男の特徴を数秘的に見てみると…

誕生数7

クールで孤独に強いタイプ。
というかひとりの時間が無いと生きていけないタイプ。

まさに次男はこれに当てはまります。
小さいころからひとりで絵本を読んだりするのが大好きな子でした。
そして好きなことに対してはものすごい集中力を発揮するタイプです。
逆に言えば人付き合いは苦手。
なので友達は少ないです…。
本人は特に気にせずマイペースで過ごしているし、学校は楽しいと言っているので、友達もそのうち増えるだろうと長い目で見てます。

こういう特徴を知ると、そういう子なんだと良い意味で諦めもつきます。
誕生数7なら将来は研究者向き?とも思いますが、こればかりは本人が選ぶので親は見守るしかないです。

そして次男のハート数は6。
大切にしている価値観が、

助け合えること
美しいものに触れること

いろんな人と関わるのは苦手ですが、家では長男と仲良く遊んで、お互い助け合ってお手伝いをしたりしております。
小さい頃は長男が私に怒られていたら、後ろで辺りを片付けたりして長男のフォローをこっそりしてました(笑)
私と一緒でスイーツが大好きだし、絵を見たり書いたりするのも好きなので、案外芸術の才能を磨いていっても良いのかもしれませんね。
選ぶのは本人なので、私は興味ある分野を見出すことをサポートしていこうかな。

こんな感じで子供達の特徴と傾向を鑑定してみるのが一番腑に落ちるので、私も勉強になります。
ちなみに数秘術では、その人の特徴や大事にしている事だけではなく、年運も見ることができます。
おいおい書いていこうと思いますが、今日はここまでにしておきますね。

お読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 ←応援して頂けると励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました